WiMAXのここがいやだ
ホーム > 生活 > 返したくても返せない!そんな時。

返したくても返せない!そんな時。

雑誌の折込広告、スポーツ紙、繁華街に張り付けられた広告やDMで、「債務の片付けいたします」「多重債務を一括化したいと思ったら」というような売り文句を目に入れることが多いです。

このようなものは、「整頓屋」「買取専門屋」「つなぎ屋」と呼ばれている悪徳業者の詐欺広告の場合もあるのです。

申し込んだ場合には自己破産申し立てプロセスの中で最重要な免責許諾を得られない可能性もあります。

「整理業者」というのは、広告などで負債者をおびきよせ法外な依頼料を請求して債務整頓をやりますが結局のところ整頓は実行されずに、債務人はより一層の負債地獄に陥ってしまうケースがほぼすべてと言ってよいでしょう。

「買取屋」の場合は、借金者のクレジットで電化用品、旅行の券を山ほど注文させて負債者から購入した品物を定価の1割や40%で受け取るという手段をとっています。

借金者は短期には現金が手に入りますが、いつかクレジット企業によって購入物の完全な催促が届き、現実には債務を悪化させる結末で終わります。

この場合、クレジット会社相手の詐欺であるとされて免責が受けられません。

「紹介屋」とは、サラリーマン金融から拒絶された負債者に、直接の融通は全くせずに、融資をする違う店を知らせ、高額な手数料を出させる会社です。

紹介業者は専門的な努力で資金提供が受けられたというふうに会話しますが実際は何もしていなくて、ただ審議の通りやすい店を教えているだけです。

このケースも本当は負債額を重ねるだけです。